hironoblogのブランド「MATECH」YouTubeも開設しました
 

【海外輸入】FOBとEXWの違いとは

貿易条件インコタームズとは

国境を超える取引、つまり国外からの仕入れの際にインコタームズと呼ばれる貿易条件があります。

インコタームズは、世界共通であるため、その貿易条件にそって、価格の見積もりをとるのが、貿易の常識です。

貿易条件の中には、FOBとEXWというのがあり、海外から輸入する際はどちらを選択すればいいのか?もしくはどう違いのか?とお困りではないでしょう?

そのFOBとEXWの違いについてみていきましょう。

インコタームズは、どこまでの費用負担。その責任範囲について、あらゆるの条件をつくり、国際的に統一したもので、取引を円滑にするために世界共通の貿易条件として定められたものです。
FOB(エフオービー)やEXW(エックスワークス)もその一つです

このインコタームズ(貿易条件)では

  • 価格がどこまでの範囲を適応としているか
  • どの時点からを売り手、買い手の責任とするか
FOBとEXWのインコタームズ条件に焦点を当てて解説していきます。

最初に、下の図を見てください。

薄グレーが輸出者の責任

濃グレーが輸入者の責任範囲を表しています。

 クリックで拡大

FOBとは

FOB=本船甲板渡し条件

FOBの価格範囲

港までの国内輸送費・集荷費用・梱包・諸経費・FOB国名での通関費用・倉庫・保管料・検査費用など。

つまり、輸出品を輸出国に停泊している船に積み込むまでの費用が製品価格に入っていることになります。

FOBの責任範囲

例を挙げた方がわかりやすいので、一例を挙げて解説していきます。

例えば、FOB HONG KONGでの価格の場合、工場ー香港港までの

国内輸送費・集荷費用・梱包・諸経費・香港での通関費用・倉庫・保管料・検査費用などが含まれている価格となります。

図でわかるように、船に積み込まれるまでの危険負担と費用をすべて輸出者が負担するという条件になります。

危険負担の解説をすると、例えば、輸入した商品が輸送中、香港港で積み込む前に、輸送中のトラックで事故に逢い、商品の破損があったとします。

その場合は、輸出者の責任となり、その損失をうけた費用負担は輸出者が保証する必要があり、損害額は輸出者が支払うことになります。しかし、FOBは船に積み込んだ後の責任は一切ありません。

厳密にいうと、輸出者が船に積み込むところまで保険をかけているので、損害があった場合は、保険会社から支払われるということです。

船に積み込んだ後は、輸入者の責任となりますので、水難事故などで商品がダメになってしまった場合は、輸入者が損失を被ることになります。

実際トラブルがよく起きるため、契約はトラブル解決のための貿易条件を提示します。

FOBは、イコタームズの中で最もスタンダードな条件で、使われている条件です。

EXWとは

EXW=出荷工場渡し条件

EXWの価格範囲

製品を集荷にきてもらえる状態にしておくまでの費用が入っています。

工場で箱詰めし、それを引き取ってもらうだけ、という状態にしておくための費用は製品価格に入っていることになります。

それ以外の費用はすべて輸入者が負担します。

たとえば、輸出国でコンテナへ詰め込むなどの作業費用についても輸入者側負担となります。

従って、工場まで商品をトラックで引き取りにいくためのトラック代、船にローディングする費用、FOB国名の通関費用もすべて輸入者が負担することとなります。

FOBの価格範囲で挙げた

港までの国内輸送費・集荷費用・梱包・諸経費・FOB国名での通関費用・倉庫・保管料・検査費用など。

まるまるかかってくるとうことですね。

インコタームズの中でも輸出者がいちばん責任がない条件となります。

なので、商品の本来の原価に近い費用での価格になります。

EXWの責任範囲

一方、EXWの責任範囲は、工場に輸入者が商品を引き取るまでになるので、その後の輸出者は、輸送については一切責任がありません。

従って、FOBで挙げた例でもう一度考えてみると、

工場で引き立ったあと、商品を乗せたトラックが交通事故にあった場合、

その費用負担、危険負担の責任は輸入者になります。

もちろん、その後、船に積み込まれて水難事故にあった場合もそうです。

そのため、EXWは売り手にとって最も楽な条件になります。

注意
FOBでは、輸出者が保険に入っていますが、EXWでは輸送中、一切保険がかけられていないため自身で輸送契約の中で保険をかける必要があります。

FOBとEXWの違いを要約すると

EXWは、工場引き渡しに対して、FOBは輸出国の港で船に積み込まれるまでの費用負担危険負担をカバーしてくます。

FOBだと輸出国から商品を積んだ船が出発するまで、輸出者(売り手)が全責任をもつ
EXWだと工場渡しなので、輸出者は何も輸送に関して責任が無い。工場まで自らトラックを手配し、船まで積むところも輸入者(買い手)が全責任をもつ。