MENU

カテゴリー

プロフィール

ひろ

当サイト「hironoblog」では、個人がブランドをもつ時代を提唱しており、誰もが自分のブランドをもち、そこから収入を得る副業の方法を紹介しています。インフルエンサーが登場し、個人の影響力が大きくなったいま、一人でモノをつくり売る時代、副業3.0時代を提唱しています。

1995年生まれ。アメリカ生まれの24歳です。大学在学中に家電ブランドを立ち上げ。

在学中に年商1億を達成。現在は深センと日本を行き来しながらひとりメーカーとして挑戦しています。


2015年8月 パソコン組み立て販売を開始
2016年10月 会社を設立
2018年12月 1億円(利益1500万)
2019年3月 大学卒業

hironoblogのブランド「MATECH」YouTubeも開設しました
 

1日80万 アマゾン(Amazon)でベストセラーを勝ち取る方法【2020年版】

Amazonでベストセラーというとカテゴリーにはよりますが、1商品で巨額の利益を生むことができます。ではどうやったらベストセラーを勝ち取ることができるのでしょうか。具体的な戦略を説明していきます。

新しい技術や新規性の高い商品を販売する

一番重要となってくるのが、やはり商品です。商品がいまいちでは、いくら戦略的行動をしてもインパクトがありません。商品自体が、市場において新規性が高く、ほかでは取り扱ってない、販売していないような新しい商品を販売することです。電化製品においては、新しい技術を取り入れた商品、家電製品じゃない場合は、アイディアを活かした便利な商品などがあります。しかし、これはOEMでは実現が難しいものです。

OEMで実現する場合は、ほかの販売者が出品する前に販売することが必須なので、商品化スピードが必要です。

基本的には、ODM(自分が考案したアイディアによるオリジナルな商品)を販売することです。

品質をしっかりコントロールする

せっかく、新規性の高いものを販売するところまで至ったのに品質が悪ければ、元も子もありません。品質は継続的にベストセラーを獲得する上で非常に大切になってくるところです。その後、獲得するレビューが悲惨では一気に、売れ筋ランキングが下がり、在庫過剰に陥ります。レビューを高く保つには、絶対的不良を少なくすることです。商品品質を向上させるには以下の方法があります。

品質管理を重視している工場を選ぶ
サードパーティーに品質検査をお願いする

カスタマーサポートを充実させる

プレスリリース配信をする

PR TIMESなどプレスリリース広告サービスを活用し、メディアの露出させましょう。プレスリリースを打ちますと、各メディアが記事を取り上げてくれます。結果、Twitterに載ったり、グノシーやスマートニュースに載ったり、雑誌に載ったり様々なところで露出します。記事にはAmazonの販売リンクを貼っておき、いろんなところからの流入を誘います。

自社SNSを活用して宣伝する

事前にインスタやTwitterなど公式アカウントをつくっておきましょう。それぞれの広告を使い、新製品を販売の案内をターゲティングで配信します。そのユーザーの特性に合わせて、広告が流れ、リンクへの流入を誘います。また、フォロワーを増やすキャンペーンなども打ち出すとよいでしょう。

インフルエンサーに宣伝してもらう

インフルエンサーにお願いして宣伝してもらう方法があります。ウームなど様々なインフルエンサー媒体で、商品の宣伝をお願いしましょう。宣伝するチャンネルの視聴者層が、宣伝する商品のターゲット層であることが大切です。例をあげると、ポータブル電源を広告する場合は、車中泊をメインに動画をあげているチャンネルにお願いし宣伝してもらう。そうすると視聴者層が、車中泊に興味のある方を対象に、そこで問題解決となるようなアイテムであると購入率は高いでしょう。車中泊では、電源の確保が難しく、ソーラーで充電できるポータブル電源は、ぴったりなアイテムになります。

ベストセラーになると日商80万

上記の方法で、様々なところから流入を誘い、発売日から一気にランキングを上位まで上げます。そこから、話題性を獲得し、安定したレビューを継続的に得られればベストセラーを維持できます。